毛膿炎の予防

殺菌作用のあるアロマオイルで毛膿炎を予防しよう

モデル画像

 

脱毛サロンやクリニックで脱毛を受けたあと、多くの人が経験する副作用に毛膿炎があります。これは雑菌が侵入したことで毛穴が膿を持ってしまう皮膚炎で、ちょうどニキビにそっくりの湿疹がぽつぽつとできます。いくつもの箇所を処理する全身脱毛のときには特におすすめです。

 

ライトを使った脱毛は高温で毛根を焼いて脱毛させますが、その際に一緒に周囲の皮膚組織を傷つけてしまうため、皮膚の抵抗力が落ちて、雑菌が侵入しやすくなるのです。

 

数日たてば自然に治ることがほとんどですが、かゆみが出るなど不快症状を伴う場合もありますし、男性のひげ脱毛ではかなり目立つ湿疹ができるため、見た目にも気になります。

 

毛膿炎の予防は毛穴に雑菌を付着させないことが基本です。消毒薬やアルコールを使うのが有効で、簡単でもあるのですが、これらは刺激が強い場合もあります。それにアルコールは皮脂を溶かしてしまいますから、敏感肌の方、ドライスキン傾向の方は症状を悪化させるリスクもあります。

 

天然のアロマオイルには、殺菌作用を持ったものがあります。それらを利用してみましょう。殺菌作用のあるオイルはいろいろありますが、ティートリー、ユーカリなどが香りがすっきりして刺激性も比較的弱く、人気が高いです。

 

ユーカリはコアラの食べ物として有名な、あのユーカリです。ティートリーもやはりオーストラリア原産の木で、古くから薬用として使われてきました。殺菌と同時に菌を寄せ付けない抗菌作用もあり、さらにティートリーは免疫力を高める効果もあります。

 

アロマオイルが便利なのは、芳香成分の濃度が薄くてもしっかり効果を発揮してくれることです。アロマポットやアロマスプレーを使うと部屋全体を除菌することもできますし、肌を直接殺菌する場合は、浴槽に数滴入れてアロマバスで使用してもいいですね。アロマバスは、全身脱毛のように広範囲を脱毛したときには全身くまなく清潔にすることできて便利です。

 

殺菌作用のあるアロマオイルは他に、ペパーミント、クローブ、ジュニパーなどがあります。いずれの場合も原液は刺激が強いので、数%以下に希釈してください。また、妊娠中の方は刺激になることがありますので、使用は控えた方がいいでしょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ