傷跡の脱毛

治癒途中の傷と、治ってしまった傷跡

モデル画像2

 

全身脱毛でいくつもの箇所に脱毛を受けていると、どうしても生じてくるのが、傷や傷跡がある部分への対処です。

 

まず、傷が治りきっていないような場合は、これは例外なく脱毛を受けることはできません。光脱毛、レーザー脱毛は高熱で毛根を処理しますから、患部全体に熱がたまることになります。たとえ傷口を避けて照射しても、皮膚にたまった熱で炎症が起きたり、化膿したり、傷が悪化する恐れがあるのです。

 

治癒途中の傷ではなく、治ってしまった傷跡がある場合はどうでしょうか。傷跡については各サロン、クリニックで対応が分かれるため、このようなケースは受けられるとか、または受けられないなどと分類するのは難しいです。

 

ただ、傷跡は色素沈着が起きていることが多いため、傷跡の周囲を避けたり、テープで保護したのちにライトを照射するなど、何らかの特別な処置が必要になります。

 

ちなみに傷跡に色素が沈着するのは、紫外線から組織を保護するためです。皮膚が傷ついているときに紫外線があたると組織が深く傷つくため、体は傷の周囲にメラニン色素を大量に生成します。ちょっとした引っかき傷も、よく見ると治ったあと薄茶色に変色していることがありますが、これは体の正常な防御反応なのです。

 

では、色素沈着がなければライトを照射しても問題はないのかというと、これもまた一概に大丈夫とは言い切れません。皮膚が大きく、深く傷ついた場合は、表面的にはもとどおり傷が治ったように見えて、内部の組織にはさまざまなダメージが残り続けていることがあります。そのため、ライトが直接的に害を及ぼすということではありませんが、不自然に皮膚が熱せられることで何らかの影響がある可能性もあるのです。

 

サロンによっては傷跡がある程度大きい場合は、結局は照射を見合わせる確率は高いです。もしも傷跡のムダ毛にどうしても照射してもらいたい場合は、これは、全身脱毛サロンのスタッフの方にカウンセリングで直接問い合わせた方がよいと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ